「バリューデザイン」がIPO、初値予想など情報まとめ

スポンサーリンク

「株式会社バリューデザイン(3960)」の東証へのIPOが承認されました。予定される新規上場スケジュールから幹事団、最も気になる「初値予想」や新規公開株としての評価・価格、当選・上場結果まで一通りの情報を、この記事でまとめます。

まずはIPOの概要だけ、ざっくりまとめ。

新規上場(IPO)する銘柄、市場は?

2016年8月22日(月)、株式会社ノムラシステムコーポレーション(3940)に続いて新規上場が発表されました。IPOが承認されたのは「株式会社バリューデザイン(3960)」で、主幹事はSMBC日興証券上場日は2016年9月26日(月)を予定しています。

想定価格は1,860円(売買単元100株)。吸収金額(想定価格ベース)はオーバーアロットメント含め約6.2億円で、東証マザーズへの上場となります。

メモIPO投資ってどうやって始めるの?

IPO投資の始め方(IPO投資って何?~IPO投資の強み~IPO投資、二つのやり方~始めるのに最低限必要なもの)」という記事を書きました。ご参考にどうぞ。

銘柄名 株式会社バリューデザイン
銘柄URL http://valuedesign.jp/
銘柄コード 3960
上場市場 東証マザーズ
業種 情報・通信業
事業内容 サーバー管理型プリペイドカード、ギフトカードシステムの提供及び関連する機器、カード等の販売

IPO幹事団や仮条件、BBの日程は?

IPO幹事団や仮条件、ブックビルディングの日程は下記の通りです。

主幹事 SMBC日興証券
その他の引受証券会社 みずほ証券、SBI証券、エイチ・エス証券、東洋証券、岡三証券、いちよし証券、岩井コスモ証券
委託幹事
仮条件決定日 2016年9月6日(火)
ブックビルディング期間 2016年9月7日(水)~2016年9月13日(火)

初値形成における好材料/悪材料は?

初値形成における好材料/悪材料を整理したものが下記。プラス・マイナスの数を比較するとプラスが上回ると思います。

上場市場 プラス(人気の新興市場)
吸収金額(想定価格ベース) プラス(約6.2億円、小型)
業種 プラス(人気のIT・ネット系、テーマ性あり)
公開比率 なし(23.9%、普通)
売出比率 プラス(8.5%、やや売出が少ない)
ロックアップ プラス(上位株主、VCにロックアップ)
同日上場 プラス(同じ日に上場する銘柄なし)
前回IPOからの期間 なし(特に材料にならない)

2016年は市況の悪化からIPOへの資金流入も減少していますが、総合的に見て公募割れする可能性は低いと思います。

吸収金額(想定価格ベース)は約6.2億円と小型で、上位株主、VCにロックアップ(VCは基本1.5倍で解除)がきっちりかかっており、需給面は問題ありません。人気のIT・ネット系で、FinTech協会に加盟していることからFinTechというテーマ性もある。需要は見込めそうです。

ネガティブ要素は前期の利益がマイナスな点。ただ今期はプラスに転じています。

初値は公開価格の2倍以上と予想。私の抽選参加スタンスとしては全力参加の予定です。

メモ抽選への参加スタンスはどう考えている?

抽選に当選し初値で売る場合、いわゆる公募割れ(初値が公開価格を下回ること)が発生しなければ、(手数料は考えないとして)損はしません。つまり公募割れするかしないかの見極めが最も大事。私は、公募割れしないと思った銘柄には積極的に参加しています。初値予想は、資金の都合で全ての抽選に参加出来ない場合に、優先順位をつけるために私は予想しています。

IPOの概要は以上ですが、以下で詳細をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

IPOの日程・スケジュール

上場日 2016年9月26日(月)
仮条件決定日 2016年9月6日(火)
ブックビルディング期間 2016年9月7日(水)~2016年9月13日(火)
公開価格決定日 2016年9月14日(水)
申込期間 2016年9月15日(木)~2016年9月21日(水)

※証券会社によってはスケジュールが多少ずれる場合があります。ご注意を。

メモ抽選にはいつ参加できる?

各証券会社によっても違いますが、ざっくり前期型と後期型に分かれます。前期型はブックビルディング期間に抽選申込、公開価格決定日あたりで抽選というパターン。後期型はブックビルディング期間にブックビルディング、申込期間に抽選申込、申込期間終了後に抽選というパターンが多いです。

株式情報

売買単元/価格

売買単元 100株
想定価格 1,860円
仮条件 1,860円~2,040円
公開価格 2,040円

メモブックビルディングの価格はいくらで抽選対象になるの?

仮条件の上限の価格で参加すれば抽選対象になります。成行が指定できる場合は成行でも抽選対象になります。

なぜかというと、抽選対象となるには公開価格以上の希望価格を指定しなくてはならないので、確実に抽選対象となるには上限の価格を指定する必要があるためです。最近ではほとんどの場合、公開価格は仮条件の上限の価格になります。

株式数/時価総額

上場時発行済株数 1,408,600株
公募株数 268,000株
売出株数 25,000株
オーバーアロットメント株数 43,900株
その他株数(海外募集等) 0株
売出人 林 秀治(25,000株)
公開比率 23.9%
売出比率 8.5%
時価総額(想定価格ベース) 約26.1億円
時価総額(公開価格ベース) 約28.7億円

メモ公開比率・売出比率って何?

公開比率とは、公募・売出株数が上場時発行済株数に占める割合です。要はIPOで今まで非公開だった株がどれ位の割合で公開されたか、ということ。初値を決める最大の要因は需給。公開の割合が低い方が供給が抑えられ希少性が高いということを意味しますので、公開比率は低い方が好感される傾向にあります。

売出比率とは、売出株数が公募・売出株数に占める割合です。IPO以降の新しい株主は基本的にその銘柄の将来性に期待して株を買う訳なので、上場のタイミングで大量の株を売り出すのは、将来性を疑われる行為。売出人がその銘柄に将来性を感じているなら保有し続けた方が得なはずですからね。という訳で売出比率は低い方が好感される傾向にあります。

株式指標

1株あたり利益(前期) -515.09
1株あたり利益(予想) 166.47
PER(予想・想定価格ベース) 11.2
PER(予想・公開価格ベース) 12.3
1株あたり純資産(前期) 117.98
PBR(前期・想定価格ベース) 15.8
PBR(前期・公開価格ベース) 17.3
1株あたり配当(予想) 0
配当利回り(予想・想定価格ベース) 0.00%
配当利回り(予想・公開価格ベース) 0.00%

企業情報

事業内容/詳細

サーバー管理型プリペイドカードシステム「バリューカードASPサービス」を提供、企業のブランディング、プロモーション支援事業を展開。セグメントは「ハウスプリペイドカード事業」、「ブランドプリペイドカード事業」の二つ。

参照有価証券届出書(新規公開時)|株式会社バリューデザイン|EDINET
当社グループは、当社及び連結子会社である佰馏(上海)信息技术有限公司の計2社で構成されており、サーバー管理型プリペイドカードシステム「バリューカードASPサービス」(弊社のサービス名称)の提供による、企業のブランディング、プロモーション支援事業を展開しております。当社のビジネスモデルは、導入企業の顧客の購買動向、店舗システムに合わせてカスタマイズしたサーバー管理型プリペイドカードサービスを提供し、商取引に不可欠な決済手段を単なる決済手段にとどまらせず、プロモーション、マーケティング、ブランディングの観点から企業の販売促進活動を支援しております。また、多様化する決済手段を最適化するとともに、店舗、消費者双方の決済に係る利便性向上に寄与しているものと考えております。

当社の事業における主要なサービス「バリューカードASPサービス」とは、サーバー管理型プリペイドカードシステムで、企業は専用端末を設置するのみ(POSレジに決済用アプリケーションをプログラミングすることで、端末の設置をすることなく一体化運用することも可能)で、プリペイドカードシステムが導入できるものであります。サーバー管理型プリペイドカードシステムは、プラスチック製の磁気カードによる新型ギフトカード及び自己利用のプリペイドカードシステムで、インターネットによるリアルタイム残高管理サービスの為、カード自体に価値を保有せず、従来の電子マネー同様、リチャージ機能により繰り返し利用できることを特徴としております。

国内においてサーバー管理型プリペイドカードシステムを提供している企業は当社以外に複数ありますが、当社は企業の販売促進の支援を主眼に置いた営業活動をしております。当社のバリューカードASPサービスを既に導入している企業の事例に基づき、プリペイドカードを活用した販売促進施策をサービス設計(特典、プロモーションの施策内容等)から提案しております。導入効果を可視化する分析ツールの提供も行っており、システム導入後も、施策の効果検証・効果分析を定期的に行い、PDCAにより販促効果を高めていることが特徴であります。

当社の事業セグメントである「ハウスプリペイドカード事業」、「ブランドプリペイドカード事業」は共に、このサーバー管理型プリペイドカードサービスの機能を利用してサービスを提供しております。

(1) ハウスプリペイドカード事業
ハウスプリペイドカードとは、自社ブランドで発行が可能なサーバー管理型プリペイドカードシステムを利用したプリペイドカードのことを言います。ハウスプリペイドカードは、サーバー管理型プリペイドカードシステムを導入した店舗が独自のブランドとして発行することができ、プラスチック製の磁気カードによる新型ギフトカード及び自己利用のプリペイドカードとして普及しております。

当社は、インターネットを活用して、当社のバリューカードASPサービス導入店舗(以下「導入店舗」)からのデータを一元的にサーバー管理することにより、導入効果を可視化する分析ツールの提供を行っており、導入店舗の販促施策の効果検証・効果分析を定期的に行い、PDCAにより導入店舗の顧客の囲い込み等の販促効果を高めております。利用範囲が導入店舗及び系列店舗に限定されていることから、カード発行枚数・入金額・利用額・利用店舗ランキング等の分析レポートを提示することで、導入店舗のより有効なプロモーション施策を導入企業へ提案しております。また、バリューカードASPサービスを導入済の他社の販促事例やその効果等を導入企業へ提供し、より具体的なプロモーション施策を提案しております。これらにより、導入店舗は顧客の囲い込み等によるメリットを享受できていると考えられることから、導入店舗数、カード発行枚数、入金額は増大しております。

(2) ブランドプリペイドカード事業
ブランドプリペイドカードとは、VISA、MasterCardを始めとする国際ブランドと提携し、従来のハウスプリペイドカードの機能にVISA、MasterCard等の国際ブランド加盟店での決済機能を搭載したカードのことを言います。ブランドプリペイドカードは、通常のクレジットカードとは異なり、前払でカードに入金した金額に制限されるために使い過ぎる心配がなく、入会審査は不要なため、誰でもクレジットカード加盟店であればどこでも利用できる簡便性を兼ね備えております。

ハウスプリペイドカードは、導入店舗及び系列店舗に利用が限定されますが、ブランドプリペイドカードは、VISAブランド、MasterCardブランド等に加盟をしている世界数百の国の数千万店舗で利用することが可能です。日本で普及している「WAON」、「nanaco」等の電子マネーが利用できるのは国内のみであるため、それらと比較して利用できる範囲が大きく広がります。また、ハウスプリペイドカードとは異なり、前払でカードに入金する手段を豊富に備えており、複数の企業が発行するポイント、クレジットカード、店頭、銀行口座等からも入金することが可能です。VISA、MasterCard等の決済インフラを活用した誰でも繰り返し利用することができる汎用的な電子マネーであると考えております。

当事業は、第8期連結会計年度より事業を開始し、複数のカード発行会社(イシュア)の案件が大日本印刷株式会社との協業にて稼働しております。これらのイシュアの案件においては、プリペイドカード会員の情報を管理するシステム(会員管理システム)を大日本印刷株式会社が、プリペイドカードの残高を管理するシステム(残高管理システム)を当社が構築し、残高管理システムは当社より大日本印刷株式会社へ提供、大日本印刷株式会社が会員管理システムと残高管理システムを合わせて各イシュアへ提供する協業体制となっております。 当社は、クレジット業界における国際セキュリティ安全基準(※PCIDSS)の認証取得による高い信頼性を確保したシステムインフラを構築しており、ブランドプリペイドカードで決済されるデータを一元的にサーバー管理しております。

(※)PCIDSS:Payment Card Industry Data Security Standardの略。JCB・American Express・Discover・MasterCard・VISAの国際ペイメントブランド5社が共同で策定したクレジット業界における国際セキュリティ安全基準。

その他の詳細は下記の通り。

代表者の役職氏名 代表取締役社長 尾上 徹
本店所在地 東京都中央区日本橋茅場町二丁目7番1号
設立年月日 2006年7月26日
監査法人 有限責任監査法人トーマツ
従業員数 46人(平均臨時雇用者数1人)
平均年齢 38.8歳
平均勤続年数 2.7年
平均年間給与 591.4万円

業績

売上・経常利益など業績は以下の通り。

四季報が予想する業績予想の記事は、こちらから見ることが出来ます。

IPO幹事団/証券会社への割り当て数

引受株式数はそれぞれ下記のように各証券会社へ割り当てられました。

引受株式数 割り当て割合
SMBC日興証券(主幹事) 249,300株 85.09%
みずほ証券 17,500株 5.97%
SBI証券 11,700株 3.99%
エイチ・エス証券 2,900株 0.99%
東洋証券 2,900株 0.99%
岡三証券 2,900株 0.99%
いちよし証券 2,900株 0.99%
岩井コスモ証券 2,900株 0.99%

上記引受株式数のうち、2,000株を委託幹事(上記以外の証券会社)に回すとのこと。

ロックアップ/上位株主TOP10

既存株主にはロックアップ(180日、90日or1.5倍)がかかっており、非ロックアップ株数は概算で44,000株(上場時発行済株数の3.12%)。

非ロックアップ株数は、売出・新株予約権による潜在株式数は除外しました。ベンチャーキャピタル・ファンド系は基本的に1.5倍でロックアップ解除の条件があるので、1.5倍過ぎに売りが出てきそうですね。泳がされるかどうかで初値がどこまで高騰するか決まると思います。

以上、総合的に考えて、既存株主からの初値形成時の売りは、1.5倍になるまでは気にする必要はないと思います。なお、下記表の所有割合は有価証券届出書に記載されたもので、上場時発行済株数が分母ではありません。

所有株式数 所有割合 ロックアップ
尾上 徹 223,800株 16.94% 180日
大日本印刷株式会社 137,200株 10.38% 180日
NIFSMBC-V2006S3投資事業有限責任組合 98,300株 7.44% 90日or1.5倍
林 秀治 81,800株 6.19% 180日
CSK-VCサステナビリティ・ファンド投資事業組合 76,900株 5.82% 90日or1.5倍
ネオス株式会社 70,000株 5.30% 90日or1.5倍
株式会社ティーガイア 66,700株 5.05% 180日
GMOペイメントゲートウェイ株式会社 66,600株 5.04% 180日
株式会社サイバーエージェント 60,000株 4.54% 90日or1.5倍
株式会社一休 50,000株 3.78% 180日

メモロックアップとは?

IPO承認以前からの株主だからといって、上場後に自由に株を売ることが出来るとは限りません。上場後、既存株主がバカスカ売ったら供給過剰で爆下げなんてこともあり得ます。購入検討者からすると、これは怖い事態。

そんな不安を和らげるためにあるのがロックアップという措置。一定の条件(期間や価格の上昇等)を満たさない限り売りませんよ、という契約を既存株主と交わすことをロックアップと呼びます。で、ロックアップがかかっている株数が多ければ多いほど、供給が抑えられ株価の上昇が期待できる訳です。逆に、ロックアップの条件を満たしたら大量の売りが出てくる可能性もあるということ。

初値予想

公募割れの可能性

公募割れの可能性は低いと思います。

IPO相場の傾向(2016年2月~4月)という記事で書きましたが、株価に関係なく初値で買いに来る資金は、約2.5億円~約5億円程度と推測しています。

吸収金額(想定価格ベース)が約6.2億円で約25%が売りに回ったと仮定して約1.5億円。十分カバー出来そうな数字です。

吸収金額(想定価格ベース) 約6.2億円
吸収金額(公開価格ベース) 約6.8億円
推定初売最大金額(想定価格ベース)*1 約7.0億円
推定初売最大金額(公開価格ベース)*2 約7.7億円
非ロックアップ比率(概算)*3 0.00%

*1 公募・売出・OA・その他株数計+非ロックアップ株数を想定価格で掛け算
*2 公募・売出・OA・その他株数計+非ロックアップ株数を公開価格で掛け算
*3 売出人の株数は非ロックアップの場合、売出数を引き算

メモ吸収金額・推定初売最大金額って?

吸収金額とは、公募や売出などで新規公開される株数を想定価格や公開価格で掛け算したもので、新規上場の規模をつかむための数字です。IPO投資において、私はこの数字を重要視しています。なぜなら初値を決める最大の要因は需給。供給(売り)の規模を示すこの数字はとても重要と考えるからです。ま、新規公開される株が全て売られる訳ではないですけどね。それでも規模感をつかむには適していると思いますよ。

推定初売最大金額は、非ロックアップの株数から既存株主から出そうな最大の売り金額を推定、吸収金額に足したものです。他ではあまり見ない数字だと思いますが、これも供給の規模感をつかむために計算しています。

初値予想/私の抽選参加スタンス

初値は公開価格の2倍以上と予想。私の抽選参加スタンスとしては全力参加の予定です。

初値予想(承認時) 2倍以上
初値予想(仮条件決定時) 2倍以上
抽選参加スタンス(承認時) 全力参加
抽選参加スタンス(仮条件決定時) 全力参加

抽選結果

全滅でした。

上場結果

2016年9月26日(月)、上場の日を迎えました。

初日の状況は、前場が開く直前、8:59の買い気配は3,995円(113,900株の気配)くらい。公開価格が2,040円ですので、約1.95倍。金額にすると約4.5億円の買い需要。初日の上限4,695円に届くか微妙なあたりですが、公開価格は余裕のクリア。

前場が開くと9:00ちょい過ぎに見たところでは2,040円に101,300株の売り気配。公募割れ回避には約2.0億円が必要だったということになりますが、そこは問題なし。

そして、13:29に初値がつきます。初値は4,315円。公開価格比で約2.12倍。初値形成時の出来高は236,100株で、約10.1億円の買い需要が発生。

値がついた後の値動きはというと、初値がついた後、直後13:29に最高値(4,420円)をつけた後は下落。14:25に最安値(3,860円)をつけた後、一気に4,200円台まで急騰しますが最後ふたたび急落し3,900円が終値。

初値がらみの数字を整理すると下記の通りです。

初値 4,315円(公開価格比:約2.12倍)
終値(初値の当日) 3,900円
高値(初値の当日) 4,420円
安値(初値の当日) 3,860円
出来高(初値時ティック) 236,100株
出来高(初値の当日) 1,194,800株
初売比率(公募・売出ベース)*4 70.08%
初売比率(公募・売出+非ロックアップベース)*5 61.98%
買い需要(初値形成時) 約10.1億円
売買代金(初値の当日) 約49.5億円

*4 初値時ティックを公募・売出・OA・その他株数計で割り算
*5 初値時ティックを公募・売出・OA・その他株数計+非ロックアップ株数で割り算