「タカラレーベン・インフラ投資法人(インフラファンド)」がIPO、初値予想は?

スポンサーリンク

2016年4月4日(月)、スターアジア不動産投資法人(3468)に続いて新規上場が発表されました。IPOが承認されたのは「タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)」で上場日は2016年6月2日(木)を予定しています。

主幹事はみずほ証券。その他の引受証券会社は、いないようですね。

仮条件決定日は、2016年5月12日(木)。ブックビルディング期間は2016年5月16日(月)~2016年5月20日(金)を予定しています。

想定価格は100,000円(売買単元1株)。吸収金額(想定価格ベース)はオーバーアロットメント・海外募集等含め約47.4億円で、東証インフラファンドへの上場となります。東証インフラファンドへの記念すべき上場第一号。太陽光発電設備等を主とする再生可能エネルギー発電設備等へ投資するファンドです。吸収金額の規模感としては、第一号のため比較対象に困りますが、リートとして考えると非常に小さいですね。2016年2月に上場したラサールロジポート投資法人(3466)の規模感は約1098.5億円、公開価格比約1.05倍の初値でした。

リートの例からいっても初値が高騰する可能性は低いと思います。公募割れのリスクもありえるでしょう。テーマとしても太陽光発電は旬を過ぎている感があり、2016年3月に上場した太陽光発電施設の販売を展開するフィット(1436)は、約21.1億円の規模で、初値は公募割れという厳しい結果でした。ただ、第一号を公募割れという不格好な形にするか?とも思いますね。また、株や債券などといった他の資産クラス(アセット)ともまた違った値動きをするだろう、ということで分散投資の需要も考えられます。あとは初物ということで、注目度は非常に高いんじゃないでしょうか。

初値は公開価格の0.8倍~1.2倍未満と予想します。私の抽選参加スタンスとしては、みずほ証券がもしネット抽選可能にしてくれれば、インフラファンド第一号で面白そうなので、参加の予定です。みずほ証券のWebサイトでIPOのページを見る限りでは、「抽選参加サービス」のマークがないですね…。ま、直近になれば変わるかもしれないので、ちょっと待ってみることにします。(2016/5/16追記:ブックビルディング期間になっても、みずほ証券でネット抽選不可能でしたので、不参加決定です。残念。)

という訳で、「タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)」の新規上場(IPO)の日程と概要、初値予想、上場結果などをまとめました。

スポンサーリンク

新規上場(IPO)の日程と概要【タカラレーベン・インフラ投資法人(9281)】

日程・スケジュール

  • 上場日
    2016年6月2日(木)
  • 仮条件決定日
    2016年5月12日(木)
  • ブックビルディング期間
    2016年5月16日(月)~2016年5月20日(金)
  • 公開価格決定日
    2016年5月23日(月)
  • 申込期間
    2016年5月24日(火)~2016年5月30日(月)

概要

  • 銘柄コード
    9281
  • 上場市場
    東証インフラファンド
  • 上場規模
    約47.4億円(オーバーアロットメント・海外募集等含む)
  • 投資対象
    太陽光発電設備等
  • 投資の基本方針
    太陽光発電設備等を主とする再生可能エネルギー発電設備等へ投資
  • 仮条件
    96,000円~100,000円
  • 公開価格
    100,000円

初値予想

公募割れの可能性

公募割れの可能性もあると思います。

初値予想/私の抽選参加スタンス

公開価格の0.8~1.2倍未満の初値をつけると思います。私の抽選参加スタンスとしては参加の予定(ネット取扱があれば)です。

抽選結果

みずほ証券でネット抽選不可能でしたので、不参加決定です。残念。

上場結果

初値は109,900円(公開価格比:約1.10倍)で無事公開価格を上回る初値をつけました。

初値がらみの数字を整理すると下記の通りです。

  • 初値
    109,900円(公開価格比:約1.10倍)
  • 終値(初値の当日)
    123,900円
  • 高値(初値の当日)
    124,900円
  • 安値(初値の当日)
    109,900円
  • 出来高(初値時ティック)
    7,544株
  • 出来高(初値の当日)
    21,523株
参照